須磨友が丘高校陸上競技部員として

 

1. 高校生としての本文である勉学に力を注ぎ、授業に真剣に臨むこと。 授業中居眠りをした    

  り、集中力を欠いたり、提出物を出さない、など非常識な行為をしない。

 

2. 学校の規則を守る。(時間・頭髪・服装)

 

3. スポーツマン・スポーツウーマンらしい頭髪・服装であること。

  *短髪を心がけ、ムース等の頭髪料の使用は禁止。

  *脱色・染色・パーマ等の禁止はいうまでもない。

  *大会や練習中に、Tシャツ・ランシャツをだらしなく外へ出さない。

   (ジャージ、ランニングパンツの中に入れる)

  *高校生の陸上競技選手らしいウエアーを着用。

   (派手なもの、ハーフパンツ等はふさわしくない)

  *制服・ジャージ等を、だらしなく着ない。

   (スカート・スボンをずらす、靴の踵を踏む など)

 

4. 先生方・事務の方・目上の方に会えば、大きな声で、気持ちのいい挨拶をすること。

  大会・合同練習等でも他校の先生方にきちんと挨拶をする。

  *「おはようございます」 「こんにちは」 「失礼します」

  また、大きな声で返事をする。

 

5. 対外試合・行事にはクラブの公式ウエアーを着用し、電車・バスで非常識な行動・会話

  をしない。

 

6. 学校のトラック内では接触事故に気をつける。

  *原則は長距離インコース、短距離アウトコース。

  *横切るときは得に注意。

  *よく声を出して、注意を喚起する。

 

7. 練習中には集中力をもって臨み、ダラダラして雰囲気を持ち込まない。

  *「お願いします」から「ありがとうございました」までが練習である。

  *練習中、陸上競技以外の話題を話さない → 集中力を欠く。

  *練習前後のストレッチ・柔軟運動・体操をしっかり行う。

   (故障予防・疲労回復)

8. 陸上競技についてよく研究し、絶えず向上心を持つこと。

  *この練習は何のためにしているのか、どのような効果があるのか。

  *この時期にはどの程度の記録を出せばよいのか。

 

9. ご両親・先輩・マネージャー・先生に対して感謝の心を持ち、謙虚な姿勢、周囲への

  気配りを忘れないこと。

 

10. どんな場合でも、須磨友が丘高校の陸上競技部員であるとのプライドと自覚を持って

     行動すること。