2010年

11月

10日

県高校駅伝大会を終えて…

 

11月7日、長距離の1年間の集大成……県駅伝競走大会が篠山で行われました!

 

男子の出場校は36校、女子の出場校は30校 .

全国大会に出場できる学校は男女の優勝校のみ、

近畿大会に駒を進められるチームは、男女各6位まで。

 

須磨友が丘の目標は、男女アベック近畿大会出場!

 

春から新チームとなり、歴代最高を目指して例年になく厳しい練習をこなしてきました.

春合宿では、男女全員でチームミーティングをしました.

全員の思いを一人ずつチームのみんなに伝えてました!

お互いの良い面・悪い面…大切に思っているチームだからこそ

なんでもいい合えました.まずは、自分の良いところ・悪いとこを知る。

これからチーム一丸となるにあたって一番大切なことだと思いました。

 

夏の神鍋合宿!

疲労に耐えながら、しんどい練習に歯を食いしばることで

走力だけでなく・精神面・忍耐力を磨きました!

 

神鍋合宿2日目の午後、100m×100本のメニュー

マネージャーさんの「頑張れ!あと少し!」この応援が選手全員の背中を押してくれました

 

トラックシーズンが終わり、駅伝シーズンに突入すると

普段の練習に、マネージャーさん手作りの襷をつけて練習しました!

 

襷をみんなつけて集団ジョグしている姿を見てくれた学校の先生達が

「今年は、強い!雰囲気が違う!」と、たくさんの励ましの声を頂きました!

 

神戸地区駅伝では、男女共にたくさんの課題が残るレースとなり

県大会に向けてもう一度、気を引き締め2週間必死に頑張りました!

 

県駅伝のエントリーメンバーに入ることが出来るのは男子10人、女子8人のみ

 

普段仲良しのチームでも時には、絶対負けたくないライバルになりました。

試合前のポイント練習が試合よりも緊張感に包まれたときもありました。

 

選ばれたメンバーは自分の行動に責任を持ち、

チーム全員の思いを無駄にしない!と、約束しました!

 

男子10時10分スタート!女子10時20分スタート!

 

結果は、女子は、2位で9年連続近畿大会出場 !

    男子は、13位で近畿大会を逃しました。

 

ベストメンバーで望むことが出来なかった男子は、

故障で走れなかった仲間の分まで最後の1秒まで諦めず力走している姿に

応援していた全員が感動をもらいました。

 

終わってからのミーティングでのチーム全員の悔し涙…

絶対無駄にしてはいけないと思いました!

 

近畿に出場できる女子は、男子の分も絶対リベンジします!!!

 

 

 

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    Maximilian (月曜日, 23 7月 2012 15:20)

    Very good article i just submitted your website to stumble upon and also i bookmark your website in my pc for future visit